目頭切開

初めての美容外科

1.目頭切開W法(内田準一)法

目頭の皮膚をただ切り取るのではなく、W型切開にして、そのWの中央の三角皮弁を目頭の奥に差し込む形にします。これにより従来の単純切り取りに見られた、ヒキツレ、術後拘縮による後戻りが大分解決しました。

カウンセリング

2.目頭切開W法の皮弁の移動

W中央の三角皮弁の大きさ、角度で目頭の丸さ・鋭さを調整する事ができますこの三角皮弁は愛護的な操作を要求され、挫滅ぎみとなれば拘縮を来たし意味が薄れます。

事務手続き

3.目頭切開Z法

目頭の皮膚にZ型切開を入れて皮弁を起こし、皮弁の位置の交換を行う術式(Z形成術:Z-Plasty)です。図で見せている裏にも切開を入れますので、皮膚を引っ張ってみますとZ型を確認できます。通常皮膚の切り取りはしません。利点はヒキツレがなく、また傷が目立ちにくい、目頭の外に傷があまり出ない事です。

目頭切開

4.目頭切開Z法の皮弁の交換

手順としては右図のような皮弁の動きになります。

目頭切開

Z形成術は、組織の短いところを長く伸ばす手技です。図ではA〜B間が、A’〜B’間になり縦に伸びたことが示されています。その分横は短くなります。これを目頭に応用したわけです。モウコ(蒙古)ヒダが被っている人は、モウコヒダの縁の皮膚の長さが短いため最短コースを通ろうとして覆うので、この皮膚を延長、その分横方向が短くなれば、目頭の皮膚は横(正中側)に引っ張られて、目頭の隠れていた部分が見えてくるわけです。

目頭切開

これは実際には皮膚・軟部組織を三角に弁状に切って剥がして持ち上げ(皮弁起こし)、2つの皮弁を交差させて縫合するものですが、紙のモデルと違い、実際の皮膚・軟部組織は引っ張れば伸びる性質がありますから、若干の経験と感を要する手術です。